寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

何か始めるときに大事な要素

僕の師匠は小学校高学年から通ってた塾の先生です。

 


いつも言われてたのは

 

 

 

 「基礎はな、ええか、書いて書いて書きまくることや、よし、書け」

 


「分からんかっても、覚えるまでとにかく書くねん」

 


「書いて身体で覚えろ」

 


「部活も勉強と同じく全力でやる」

 


勉強はとにかく「書く」事で身体で覚え基礎を積み重ね

 


そしてその身体も鍛えろ

 


ということなんやと今でも思ってます。

(真意は未だに分かりませんが・・・)

 

 

 

その教えを胸に

 


高校受験を師匠と乗り切ったあと

 


塾を卒業し

注)高校受験の塾でした。

 


そのあとは同じやり方で独学で勉強し、何とか大学合格

 


社会人になってからは電気の資格試験、中国語検定試験など

同じやり方で独学で達成し続けて来ました。

 


そして今もこのやり方で勉強させて貰ってます。

 


もう師匠には感謝しかありません。

今の僕が立てているのは間違いなく師匠のおかげなのです。

 

 

 

ところで

 


基本が出来ていると応用が効きます。

(当たり前やんて言われそうですが(−_−;))

 


簡単なことが一番重要です。

 


各種科目の勉強は無論、仕事でもそうだし、資格試験、

スポーツ、語学、人間関係だってそう。

 


大事なのは、基本に忠実に、です。

 

 

 

そしてこれは僕が足したプラスアルファですが

 


師匠に教えて貰ったモノよりも前に必要なもの

 


それは

 


気持ち

 


です。

 

 

 

人間がすることなので

 


やっぱり気持ちがなきゃ始まらんのですよ、やる気、ですね

 


やる気スイッチをいかに入れれるか

 


これも重要ポイントだと思います。

 

 

 

ただスイッチの入れ方に正解はありません。

ひとそれぞれです。

 


僕は漫画で入れます ( ̄▽ ̄)

 

 


f:id:kaizoku8kou:20181026223143j:image

(↑美味しそうな肉とか見てもやる気スイッチが入る時もあるかな)

 


纏めるとですね

 

 

 

⒈ やる気スイッチの自分なりの入れ方

 


⒉ 基本のこれでもかという程の繰り返し

 

 

 

この2つが何かを始めようとするとき

 


大切な要素になると

 


この歳になってそう強く思う

 


それが言いたかったんです。

 

 

 

ありきたりなノウハウですけど

僕以外の方にも使って貰えるかなと思ったので書きました。

(独断と偏見です)

 

 

 

いつかどなたかが、これを見てほんの少しでも役立てて貰えたら幸いです!

 


それではまた

 


今日も良い夜を