寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

受け入れること

認知症になってしまった父を受け入れること、

母にとってはこれがなかなか出来ませんでした。

 

父が医師からはっきりと【認知症】です、と言われるまではもちろん、

宣告されるまでにも明らかに ”行動や言動がおかしい” という所が

多々ありました。

 

目の前の携帯が鳴っているのに、

遠く離れた自宅固定電話が鳴っている、と席を立ったり

 

夜中にお仏壇の中に見知らぬ女性が入っていてこっちを見てくる、

と言ったり

 

トイレに行こうとして、どう見ても人が入れる幅のない

納戸のドアーを開けたり

 

父が1人で自宅にいるとき、

「(僕の名前)家族がいま来ているが、何もしゃべらん、

あいつらは一体何のつもりや」

と怒りながら母に電話があったりと

 

明らかにおかしかったんです。

 

それでも断固として認めることが出来なかった母。

 

「お母さん、やっぱ親父少しおかしくなっていると思うんやけど」

と言っても

「いやいや、ちょっと間違っただけちゃう?」とか

「うっかりやろ、ははは」

と言って、話をそらしていました。

 

僕たち家族にそう言っていましたが、「何かの間違いだ」と

自分に言い聞かせていたのだと思います。

 

そしてようやく母が父の現状を受け入れると、すると途端に

【自分がやるべきこと】【自分にはできないこと】が見えてきたのでしょう。

要は先の予測を立てることが出来るようになり、母を中心に家族がやっと前に

進み出せた、という事がありました。

 
f:id:kaizoku8kou:20180418104454j:image

(↑見通しがたつと景色が開けます)

 

 

こんな話は極端な例かも知れませんが

 

人が生きていく中で、このような

【事実をそのまま受け入れる】という事は、

思っているよりも結構難しかったりします。

 

あらゆるものごとの初動【事実をそのまま受け入れる】が

大なり小なり、そのものごとの最大の山場と言えば言い過ぎかもしれませんが、

それくらい大事だと僕は思っています。

 

似たこととして、付き合っていた大好きな彼女に振られてしまって

その事 (振られたことや嫌われた事実) が忘れられず、事実を受け入れられない

ために、他の人を好きになったり、日常生活もままならない、みたいな事も

ありました。(過去の自分です、はは・・)

 

自分にとって不都合な事をありのまま受け入れるのは、そりゃあ苦しいです。

 

受け入れると、それはもう【紛れもない事実】となりますから。

 

苦しいけど、認めたくないけど、でも・・・

受け入れて初めて、やっと1歩踏み出せるのも

紛れもない事実だと思います。

 

事実をそのまま受け入れることで前進!!

これは初めて会った人に対しても同じです。

その人を良いも悪いも素直にありのまま、まずは受け入れるんですね。

それから始まる人間関係・・・楽です。本当にラクです。お互いに。

これまでずっと自分で試してきたので、まず間違いないと言えます。

 

要するに何も僕が言わなくても、初めが肝心、という昔から言われてきた言葉に

集約されるという話です。

 

やはり先人の知恵は大切ですね。

 

今も残っている言葉の有難さを噛みしめながら、今日はこの辺で。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。