寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

どうだっていい

仕事でですね、会社に入りたてで右も左も分からんかった

という要素もありましたが、

兎に角失敗、チョンボばっかりの時がありまして。
(誰でもみんな、大なり小なりそう言う時期ってありますよね)

 

 

ちょっと自分でもおかしいかなと思ってたのは

ちょっとでもミスると、
もう自分はここにおったらアカンのちゃうか、と
この世の終わりのように本気で思い悩むくらいのショックを
受けてしまう、という
穴にハマり込んで抜けられへんという面がありました。

 

自分でいうのも何ですが、とにかくまあ深ーい穴(自分で掘りました)で
仕事でチョットでも失敗すると

 

ああ、もう俺人からつまはじきにされるんやわ、とか

 

また自分という人格が全否定されてまう・・・


いやもうされてるわ多分・・

 

とにかく人が怖い、みたいな

 

ミスを犯してしまうと、
この世に存在したらあかんのとちゃうか?
と感じてしまう

 
f:id:kaizoku8kou:20180107142335j:image

(こんな感じで引きこもりたい気分に支配されてました)

 

そういう負の感情に支配されてた時があったんです。

 

だから

 

ミスをせんよう過度に慎重になる

 

完璧じゃないと、ミスが全くない状態やないと

自分は誰にも認めてもらわれへん

 

だからひたすら完璧を目指す

 

これを毎日繰り返す

 

うー


うー

 

・・・プハッ

 

いやー、苦しい!


今思い出してもやっぱ苦しいわ、こんなん。

 

元はというと

僕がこんな感じになったのは、今の会社に入った時の上司が原因・・・


と言うか、僕の中の【こだわる部分】を引き出すきっかけに
なってしまうような人が、僕の上司になってもうたんです。

 

その上司は凄かったです。

彼は自分にも、そして他者にも完璧を求め、
ホウレンソウ徹底主義
自分が組織の中で全てを知ってないと気が済まん
怒ると怒鳴り散らす
そんなお山の大将的な人やったので、
もうそりゃ軸の無かった僕なんて、のまれるわのまれるわで・・・

 

当時も別にその上司の言う事を
隅から隅までクソ真面目に従う必要なんか無かったんですよ。


義理もない。普通に考えたら。


まあ、会社の上司ですから最低限は守らんと
ダメなラインはありますが。

 

でも僕の心の弱さというか、強い者を相手にすると相手の思想に
のまれやすいというか


そういう部分が発動して、一旦『従わんと』と思ったら、
それにこだわってしもたんですよ、目も当てられん (T . T)

 

そしてもちろん、仕事のときとプライベートの時とで人格とか
基本 OS を切り替えるなんて出来ないんで、きっと普段でも
こんな自分がふと表に出て来る事があったと思うんですね。

 

※ よく一般的にオンとオフを切り替えて・・なんて言いますが、
基本、人はそんな芸当はできんもんやと思ってます。

 

自分がそう思っていると言うことは、きっと無意識に
仕事に無関係な僕の廻りの人に対しても、
僕はそんな態度を取っているときがあったんやろうな、
と思うわけです。


人に媚びるような態度ですね。。。

 

要するに僕は、仕事上のミスを恐れていたワケではなくて、
失敗をした後の廻りの人の反応、特に上司の反応を恐れてたんです。

 

嫌われる勇気を持てなかったワケです

 

こんなとこでも、僕の【何事にもこだわってしまう面】が悪さをしてたんです。


こだわってしまった結果、本来の自分とは違う自分を演じていた。

 

当時、何もそこまでこだわらんでも・・と思えてたなら
少しは楽に過ごせたんちゃうかなと思います。


結局ですね

 

何が言いたいかと言うと・・

 

周りがどうであろうと・・

 

何を言われようが・・

 

自分がどう思うか

自分がどうしていくか

なんですよ、きっと

 

極論どんな風に生きても良いんですよ

 

何でもええんです

 

どうだっていい

 

そう思ったら

少しは気が楽になりません?