寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

親孝行

親父が生きていたときは、時おり

 

「今どうしとおかな?」とか、

 

「こんどあの店に一緒に行こかな」

 

「これ、聞いたら喜ぶやろな」とか、

 

そういう事を思い付いては出来るだけすぐに実家に帰り、多少無理矢理にでも
連れ出したりして時間を共に過ごしていました。

 

親父が亡くなってからは、やはりもう亡くなっているので親父のことを思うといっても、
過去の思い出ばかりです。

特に子供の頃の記憶の方が多いかもしれないですね。

 

でも

 

親父が亡くなるまでの事に付いて、僕の中ではほとんど後悔がありません。

 

「あのとき、こうしてやれば良かったかな」

 

「やっぱり、こうするべきやったんかな」

 

とか、もうほんと、殆どないんですよ!

 

これは父が元気に生きているときに、
僕が思う親孝行を出来る限りしたから

 

だと思っていて、そして親孝行はこれに尽きると思っています。


これは、実はむかし結婚して間もない頃、義母がよく言っていた話でして

 

「親孝行は生きている今、元気でやっている今、やっとかないと意味ないんで」

 

「死んでしまったら親孝行したくてもでけんけんな」

 

「そうなったら後悔ばっか残るじゃろ、よう覚えとき」

 

これが胸に刻まれていたおかげで、当時の僕はアクションが起こせた。


しょっちゅうではないけど、両親の事を気にかけれるようになったのは、
義母のおかげなんですよね。

 

※ ただでさえ、僕はジコチュウの傾向が有るので、

    言って気付かせてくれた義母には感謝しかありません。

    そして今も色んな面で頭が上がりませんです、はい(−_−;)

 

このままのスタンスで母へ親孝行していけたらなと思いますし

義理の両親含めお世話になっている親戚にも貢献できたらなと


f:id:kaizoku8kou:20170924164034j:image
↑ この三重の風景のような大きな気持ちを持てれば、
優しくなれるんちゃうかな?と感じますね。


そう思える今日でございました。