寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

父の認知症が教えてくれたこと

父が認知症になり亡くなるまでの間に、家族の中で起こった色んな物事を、
自分なりに抽象化して、人生の役に立ちそうなことにまとめました。

 

良ければ読んで頂けると嬉しいです😊

 

1. 過去を見て原因を探っても現実は何も変わらないということ

 

母親はある時期から、ようやく
少しづつ父の認知症を受け入れられるようになりました。

 

でも当時まだ受け入れられない部分も確かにあって

 

そんな時はすぐに過去に遡り

 

あの時のこれがあかんかったのでは?

 

あの時もっとああしてれば、と言ってました。

 

でも……そんなんいくら言っても考えても現実は変わらない。

 

大事なのはこれから、今からどうやっていくか、なのです。

 

 

母はその考えに至ってからは小さなことですが

 

母に取って最も苦手な

 

変えること、チャレンジすること、試してみること

 

とにかく何か動いてこれからを変えようと

 

そういう前向きな姿勢が出せるようになっていました。

 

一番の驚きは、高齢にも関わらず母親の性格が、
行動が、少しづつ変わってきていたということです😄

 

これは一番嬉しかったです。

 

そしてこの過去ではなく、『今からどうやっていくか』という視点は、
恋愛、子育て、仕事、など色んな事にも展開できるのではと感じています。

 

 

2. 相手の視点で考えること

 

父の主な症状に幻覚、妄想がありました。

 

昼夜問わず目の前に誰もいないのですが居ると言ったり

 

その方と会話しようとしたり

 

急に全く理解できない話をしたり

 

虫がいると大騒ぎしたり……パターンは色々です。

 

これは本当に周囲の人にとってはショックでして。

 

特に何日も寝れていないときに言われると
もう…何だか絶望してしまっていました。


ですが

 

ある時から

 

あかん耐えられん、もうしんどい、もうどうでもええ

 

この際、父の言うことをハナから「ちがうやろ」と否定するんやなくて


どっぷり相手の世界に入ってとことん付き合ったれ


という風にやり方を変えた時期がありました。

 

半ばやけくそです。

 

とにかく、父の言う事を、とことん話を聞くようにしました。

 

すると、無秩序と思い込んでいた父の話す内容にも
少し繋がりがあることが分かりました。

 

普通に考えるとおかしいかもしれませんが

 

父の言っている話の内容の場所に


仮に自分が置かれているとしてどう思うかを考えると


父の言うことは大きくは外れていないように思える。

 

その事を伝えると本人も

 

ああやっと分かってくれたか🙂

と言うような顔をする。

 

f:id:kaizoku8kou:20170826003340j:image

 

(当たり前なのですが)父は父の見ている世界で生きているんだな、
と思ったのを覚えています。


相手の視点に立って考える、というのはよく聞く言葉です。

 

ですがこれを本当に日々実践するとなると
難易度はかなり高く感じました(あくまで僕たちにとってです)。

 

家族であるにも関わらず、しかも追い込まれてやっと辿り着いた、
という感じでしたので(勉強不足です)。

 

しかしこの、相手の視点で考えること


というのは本当に大事なことなのだと痛感しました。

 

僕が見ている風景と、他の人が見ている風景は同じでは無い。

 

だから、一度はどっぷりと相手の世界に入り込んで


その世界を見るという事は

 

色んな対人関係において大切なことなんだと。


あと、未熟な自分たちに色々と気付かせてくれる親父、ありがとう。

 

これからも俺たち家族を見守っててくれよ。