寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

げんかい

昨年12月〜ここ最近まで、仕事が忙しくかなりしんどい日が続いてきました。

 

今は多少楽になったんですけど、まだ油断できない状況です。

 

そんな状況ですが、ここ数ヶ月で心身ともに自分の感じる【しんどさ】の

限界近くまでやってきた中で、僕なりに気付けた事がありました。

 

それは

 

"自分を成長させたいんなら、

    例え苦しくても自分の限界を超えなあかんときがある"

 

成長、の定義は人によって違うと思います。

 

僕にとっては、薬の量を減らして生きる、普通に赤みのある顔色で
元気よく生きれるようになる、というのが、今の僕にとっての成長です。

 

昨年、僕は心の持ちようだけで薬を遠ざけようとしました。

 

ですが失敗。

 

そのまま今の仕事の忙しさの渦に突入したので、

薬を減らすというチャレンジは今もまだ出来ずにいます。

 

今も毎朝、(ホンマは嫌ですが)これまでと同じよう必ず薬を服用しています。

 

それはいま僕がこの仕事から離脱してしまうと、誰よりもまず
自分が一番納得できない状態になると思うからです。

 

一緒に頑張ってくれる、助けてくれる周囲の人に迷惑が掛かるのも

事実あるとも思いますが、自分が納得できない状況になるのが嫌だ

という部分が大きいからです。

 

だから薬と距離を置く挑戦は、ひとまず棚上げしてるんです。


じゃあ、そもそもなんでそんな大変そうな仕事を中心に考えてるん・・・?

 

アタマおかしいんちゃうん?

 

みたいに言われそうですが(^_^;)


なぜいま仕事を優先にしてるかと言うと、それはそもそも
この仕事の【しんどさ】は自分で選んだからです。

 

その【しんどさ】の先に、今まで持てたことのない貢献感が

持てるかもしれへんと感じたからなんです。

 

今まで会社の先輩や上司から色々と教わって来ました。

 

仕事が終わってからとか、プライベートにおいても。

 

何もできないペーペーから設備メーカのエンジニアとして育ててくれたのは、
今勤めている会社に違いないです!

 

その恩返しではないですが、僕も何か1つでも会社の人達に貢献できる事

ないかなと探していた最中、

 

『これまで発注したことのない新しい外注さんが売り込みに来てるけど、
どう?一緒にやってみる?』

 

『上手くやっていけるようになったら、ウチの仕事の幅が広がるから』

 

と上司に言われ、少し考えてハイと答えました。

 

なんでか?と言いますと

 

僕の所属する部署の、主力設備の電気系外注先は、昔からほぼ1社独占で
やってきたという過去があり、今もその流れは続いていました。

 

ただ1社独占であるがゆえ、ウチがほとんど設計しなくても、

細かく指示をしなくても設備を立ち上げてくれるというメリットがある反面、

これまで負んぶに抱っこしてきたせいもあって設備の中の細かな部分、

特にソフトウェアがブラックボックス化していて・・・


ウチの設備なのにウチの社員が制御の細かな部分を知らなかったり
(当然そうなりますよね・・・)、

 

その外注さんの言い値で値段が決まってしまっていて

ウチに交渉の余地がほとんどなかったり、

 

仕事の主導権を握られている部分があるので
その外注さん内でウチの新たな仕事に充てがう人がいない時は、
それが理由で元請けのウチが仕事を取れなかったりと・・・


まあほんと、色々な問題が山積みだったんです。

 

それを一挙に解決する策として

「新たな外注さんの開拓」があったわけです。

 

ただ実際にやるとなるとキツいのは必至で、

誰もやりたがらなかったんですが、

 

何か貢献できる事ないかなと探していた僕にとっては

 

今までにないパターンで他者貢献感を持てたら、

自己チューから今度こそ脱却できるかも!

 

f:id:kaizoku8kou:20170618220850j:image

 

そうなれば薬も常時必要ではなくなるかもなあ!

 

と信じている(2016・12・27 奥義 の記事を参照して下さい)僕としては

大きなチャンスのように感じたんです。

 

なので、やるか?、ハイ!と答えました。


そして始まったのがここ最近までの異常な心身の辛さ

 

徹夜が続く、休みがない、終わりが見えない、

機械の不具合が多過ぎるなど

 

特に4月末くらいから6月頭くらいまで、もう初心なんかとうに忘れ、
心身ともにボロボロでした。( i _ i )

 

ときには朝、家やホテルの部屋から一歩も外に出る事が出来なくなったり

 

今自分がどこで何をしてるのか分からなくなって意識が遠のいたり

 

意味もなく妻に電話して『助けてくれ』と言うたり
※ 初めてだったので妻も困惑してました・・

 

入社してこれまでもキツい時期は何度かありましたが、

(あくまで自分の中で)今回はそれとは比べ物にならんレベルでした。

 

毎日逃げたかったし、出口が見えないし、自分が嫌いやったです


でも、ここに来てようやく、メドらしきものが見えたとき、

こう思ったんです。

 

新たな挑戦を成功させるには自分をこれまでよりも成長させんとあかん

 

そして、自分を成長させたいんなら自分の限界を超えんとあかんのや


もう2度と味わいたくないなと思ってた、

高校生から始めた柔道部の毎日のキツい練習

 

今の会社に入社して始めてメイン担当でやったプロジェクト


どちらもその時点では、自分史上1番苦しかったもの


そうか、今回も自分の限界を超えるときなんや


そして

 

限界を超えるというのは、

 

ただ心身のしんどさに耐えて乗り越える事だけじゃなくて、

 

視点を変えてみることや

 

逃げたり

 

環境を変えたり

 

方法を変えるということも

 

全て自分の限界、すなわち既知の範囲を超えて行動することだ

 

ということなんやろなと

 

いまやっている事が本当に会社の人たちへの貢献になるのかどうか

 

そして貢献感を持てるのか

 

持てたとき、僕の身体と心はどう変わるんか、変わらんのか

 

そんなのは全く分からんですが

 

少なくとも今は

 

このしんどさが

 

たくさんの事を教えてくれたような気がしています。

 

あと少しでこの仕事も終わりやけど、本当に終わったとき、
自分は一体どう思うんやろか?

 

それを楽しみに明日はホテルの部屋から一歩、外に出ようと思います。

 

長文にも関わらず、ここまで読んで頂きありがとうございました😊