寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

似ているもの

一つの事例をよくよく考えていると、そのパターンが適用できる、
全く異なる分野の他の事例が出てくるときがあります。

 

誰でもあの時はこのパターンやったけど、ひょっとしたら今回のこのケースも
前と似たパターンのような感じがする……みたいな事ないでしょうか?

 

例えば、

 

この前の【チームプレー】のときにちょっと書いた、

 

『自分の仕事をきっちりやった上で、他の人のフォローをするのがチームプレー』

 

と、

 

まずは自分を信じる事ができた上で、初めて他者を信じる事が出来るようになる、

 

という所とか。

 

この事は自分の事が好きじゃないと、誰か他の人を好きになる事は難しい、
にも言い換えられるような気もします。

 

僕の場合で具体例を挙げると……

僕は仕事で追い込まれたりするとイライラして、

妻や友人の事を否定するような事を言ってしまったり、

あからさまな態度に出たり、

失言してしまう事が多くなるのですが……


これは単純に、今の自分が、イライラしている自分が、

自分が自分をただただ嫌いなだけで、

別に相手が本当に嫌なわけでは無い場合が多かったりします。

 

自分の事が嫌いなので、好きじゃないので、

周囲にもその似た感情が出てしまう、

というパターンですね。


このように、


こういう感じを、パターンを、

 

ふとした時にぼやーっと考えていると…


うーん、なんかこれは『※※※』にも似てそうやな、とか。


色々頭の中が巡って来ることがたまにあります。

 

f:id:kaizoku8kou:20170429162813j:image

 

さらに、このような似ているもの同士の有無は工学の分野とかでも

もちろんあって……

 

高低差とヒートポンプと電圧

 

熱回路と電気回路

 

電気回路と磁気回路

 

不確定性原理と幻覚

 

相対性理論とラブラブカップルを見ている僕…

 

要するに、この世には異分野間でも似ているものが多いという事だと思うわけです。

 


そして僕の経験で、少し長いパターンではこんなのもありました(^_^;)

 

ある温度分布測定で検収条件に入らないとき、

自分の外にばかり原因を求めていましたが、結局、

実際は測定機器側、つまり自分側の問題だった。

 

これと……

 

妻がいつも不機嫌で何であいつはああなんや!

と思って怒っていたが、実はその原因は自分の行動にあった。

 

これは、原因が自分の外にあったのではなくて、自分側にあったという点で
似ている訳です、ハア

 

という事は……

 

例えば何かの集まりがあって、仮にその集まりが上手くいっていないとき、


どうしてリーダーはいつもああなんや!とか、

 

きっとこの集まりのここが悪いんちゃうか?とか、

 

自分の外にばかり原因を探しがちですが、

 

ひょっとしたらそれは自分の中にこそ問題があるのかもしれない、

 

と言えるのかも知れません。

 

変われるのは他人ではなく自分だけ、

 

ですから。

 

はい。


このように、ある1つの事を考えて、そして全く関係のない、

何やら似ているものを探して展開する、というのは、

これからロボットに仕事を奪われていく中で、

人間にしかできない事の1つになればいいな、

と思う通勤バスの中でした。