寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

チームプレー

 「自分の仕事をキッチリやってから、

 仲間のフォローをするのが

 チームプレーやぞ。」


会社に入社して間もない頃、上司に言われたのを覚えてます。

 

なんでこのフレーズを言われたのか、なんで今もはっきりと覚えているのか、
自分でもよく分からないんですけど、これまでの仕事の中で折に触れるたび、
背筋が伸びるというか、浮いていた足が地に着くというか、パリっとさせてくれる
フレーズである事に違いは無いです。

 

何故かと言うと、例えば自分の電計計画や電計面の試運転、動作確認を終えた
あと等、少し手が空いたりしたときにふと周りを見ると、機械屋さんが忙しかったり
する事が当然ながらあります。

 

そんなとき、チームで仕事をしているので迷わず助勢するのですが…
そこでついついやってしまうのが、助勢したその直後からもう一切、本来の
電気計装の仕事の事は忘れ、助勢している機械屋さんの仕事の事ばかりを
考えてしまったりするんです (>_>)

 

そこで先のチームプレーのフレーズを思い出すと、例え他の仕事を助勢している
最中でも、

 

「まだ電計面での改善や、電気面から貢献できることはないかな?」

 

と自分本来の立ち位置からできる事がないか、

再考するキッカケになってくれたりするのです。

 

f:id:kaizoku8kou:20170322214246j:plain

 

一旦思考が切り替わると、例え他の作業をやりながらでも、

違う視点での検討を頭の中で進められるじゃないですか。

 

また、設計中であっても…

 

「電計の設計は終わったけど、まだ検討できていない面はなかったかなあ?」

 

「今しかできないこととか、まだあったりするんちゃうん?」

 

と、地に足を付けてくれます!

 

なのでこのチームプレーのフレーズは、

今では僕にとってかなり大切な存在になってくれています。

ありがとうございます‼️ (独り言(;^_^A)

 

皆さんもこのようなフレーズの1つや2つ、お持ちじゃ無いでしょうか?

 

ふと思い出すフレーズ、

 

折にふれる度に頭をよぎるフレーズ、

 

なぜそんなにもよく頭をよぎるのか、

一度じっくり考えてみると

新たな発見があるかもしれません。

 

是非とも試してみて欲しいです。

 

それと少し余談ですが……

このチームプレーのフレーズを少し抽象化して展開すると、他には…

"自分をありのまま受け入れられれば、他の人もありのまま受け入れられる"

というのにも適用できそうです。

 

自分の部分をキッチリやった上で他者に貢献する、という所が
この "自己受容してからの他者信頼" とで、
いろんな部分で似ているような気がします。。。

 

それでは皆様、今日も良い夜を。