寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

徘徊

父の症状に、徘徊(しようとする)がありました。

ただ父はパーキンソン病も併発していたので動きが非常に遅いことが多く、

例えば夜中に自宅からどこかに出て行こうとしても、母が必ず停めることが

出来ていました。

 

f:id:kaizoku8kou:20161003074710p:image

 

この時にとても役立ったのはドアベルで、コーナンで数千円くらいの

ちょっと大きめかつ音が結構出る物を選んで使っていました。

ドアをちょっとでも開けると「カランカラン」という奴です。

※ パイプチャイム、という名称だったと思います。

 

夜中に出て行こうとしたとき本人にどこへ行くのか聞いてみると、

「え?」と言って静止しちょっと考えたあと「俺なんか今おかしいなあ?」

と言ってベッドに戻ることもあれば、

「どこって?……俺の家に決まっとおやん」と言って外に出ることも。

 

そういう時は父の言っている事に付き合って、

一緒に外へ出て何気ない会話をする、

その中で「こんな夜中に帰らんとあかんの?」

「明日の朝でもええんとちゃう?」

という風に話を持って行くと、やがて「じゃあ一旦戻ろうか」となり

無事に帰宅する、という繰り返しが多かったように思います。

※ 父はもともと穏やかな性格でしたので、そのおかげも多分にあったおかげで

    おおごとにならずに済んだのだと思います。

 

ですが認知症が進み、それとともに母が疲弊して疲れとストレスが Max の時、

夜中に急に起こされて、よく分からない事を言い続ける父に対し母がいつも

寛容な態度で接する事が、当然ながら出来ない場合もありました。

 

夜中に玄関で言い合いになったり…

思い余って父の頬を母がペチンと叩いてしまったり…

そのときの2人の気持ちを思い起こすと、今でも苦しい気持ちになります。

 

それでも父が徘徊しようとしたとき、出ようとしている事に気付いて

気持ちはどうであれ対応できたおかげで大事に至らなかったのは、

ドアベルのおかげでした。

 

認知症介護をしていると、そのようなグッズ一つを取り付ければ対策できるような

事も見逃してしまったり、気付けない状態にまで心が追い込まれる事があります。

 

メインの介護者が気付く場合もあると思いますが、認知症の進行に伴って

ともに疲れていく確率が高いのは、やはりメインの介護者です。

そんなときはその周囲にいる人がフォローに入るしかありません。

 

これから高齢化社会を迎えるにあたり、1人でも多くの人が認知症介護に関して

常に色んな知識を蓄え、家族若しくは周囲の人に対し、そのときそのときで

できる事を確実にやり支え合う、そんな社会がきて欲しいと切に願います。