寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

承認欲求と認知症

母と言い合いのケンカをすると、決まってそのときはシャキッと認知症症状が出ずに

健常だった頃の父に戻っている。たぶん怒りや興奮の感情が集中力を生んで、

瞬間的に認知症を凌駕するのだと感じていました。

 

↓ 怒っているときの父の頭の中のイメージ (普段以上のパワーを出せる状態)

f:id:kaizoku8kou:20161001104726j:plain

 

ですがその後は認知症状がひどく表れる、そんな事が多かったように思います。

 

幻覚を見ている時間や、何だかぼうっとしている時間が長くなったり、

デイケアに行く前の着替える時間がいつも以上に掛かったり・・・・

 

ですがこれは認知症でない人でも同じだと思うのです。

 

ケンカしたり嫌な事があったりすると、やる気が一気に喪失したりしますもんね。

 

これは根本的には相手に自分が認められていない、自分の承欲求が満たされていない事

が原因だったと思うのです。

 

父も母とケンカや言い合いをして、母に認められていない、自分は孤独だ、

誰も自分の事を分かってくれない、

と感じた結果として認知症症状がいつもより多めに出たのだと。

現にそのあと母と和解すると、比較的すぐに落ち着く。

 

こういう事は1度や2度では無かったので、認知症であっても心の状態が身体に

素直に出るのだなと実感しました。

(それを分かっていなかった自分が愚かで恥ずかしいです)

 

だって認知症になっていても、パーキンソン病になっていても、脳が自分の思う通りに制御しにくくなったり、身体も自分の思う通りになかなか動かせなくなっている

だけで、心は僕たちと同じですもんね。当たり前です。

 

f:id:kaizoku8kou:20161001111117j:plain

 

認知症の本人のこと、気持ちや心を考え、周囲の家族、介護者も行動することが

共に寄り添い生きていくコツだと思います。