寄り添い生きる。

自律神経失調症(全般性不安障害)、自分自身に寄り添い生きて行くブログ

体調管理方法の一つ

気持ちや心の状態と、身体の状態は、密に紐付いています。

 

僕の体験談ですが、例えばずっと好きだった子に振られたときや、

行ってもいじめられるので学校に行きたくないとき、そういうときは

体温が低く顔も青白くなり、免疫力も下がるのか風邪をよく引いたり

原因不明の湿疹が出たり、その他にも決まって体調が悪くなっていました。

 

※ 僕の親戚で、学生のとき、あまりにも学校に行きたくないあまり自分で発熱を

   コントロールして休まざるを得ない状況を自らつくる、という特殊能力を

   持った人がいます( ̄▽ ̄)   彼は当時、自己暗示でとにかくネガティブな気持ちに

   自分がなることで発熱を制御できたそうです………恐ろしい(*_*)

 

逆に元気が出ないとき、やる気がでないとき、悲しい事とかがあったりして

すっきりしないとき、モヤモヤしてる時に、例え嫌々でも体温が上がるような事を

無理やりにでもやってみる。

 

例えば、近所を1時間くらいランニング、

温水プールで適当に運動、シャワーを浴びる、スーパー銭湯に行く、など

自宅でバケツにお湯を入れてそこで足湯、これだけでも良いです👍

 

 f:id:kaizoku8kou:20160919202806j:image

 

なんか気持ちがスッキリしてくる感じは、誰しも経験済みのことではないでしょうか。

部活を終えたときの感触みたいな……

 

無論個人差はあって、心の状態が身体に出やすい人とそうでない人はいるとは

思います。

 

ですがこの関連性をしっかりと頭に焼き付けておく事で、

体調管理のやり方の一つとして、十分使えるんじゃないかと思うのです。

 

呼吸がいつもより浅いなと感じれば、自分はいま緊張状態にある、

だから出来るだけリラックスさせようとか……

 

やる気が出ないから、よし足湯や❗️とか……

 

参考にしてみて下さい。